ホーム   |  新着情報   |  会社概要   |  お問い合わせ(資料請求)  
塗布コーナー 検索
メインメニュー
塗布コーナーカテゴリ
製品案内
カレンダー

前月 2019年 10月 翌月

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<今日>

オンライン状況
1人のお客様がオンライン中
アクセスカウンタ
今日 : 2525
昨日 : 2
総計 : 142764142764142764142764142764142764
LogCounterX by taquino

2013年6月18日(火曜日)

画像処理付き卓上ロボットの塗布ニードル調整方法

カテゴリー: - hanetec @ 12時57分05秒

岩下エンジニアリング蠅茲蠎斃僂靴討りました画像処理付き卓上ロボットの、塗布ニードルの調整方法をご紹介します。

塗布ニードルは、塗布材料の交換時やニードル不具合(先端の詰まり等)の際に、交換作業が発生します。
交換の際に、ニードル先端の位置情報(高さ、XY位置)をロボットに設定しないと、
せっかく画像処理機能で位置を補正しても思ったところと違う場所に塗布をしてしまうことになります。

このため、VisonSystemには簡単にニードル交換作業できるように、「ニードルアジャスト」機能が
設けてあります。

Step1. 基準ブロックの高さをレーザー変位計で計測
Step2. 基準ブロックへニードル先端を移動して、作業者がロボットのヘッド部分に着いている
   マイクロメータで高さを調整する
Step3. 捨て打ち箇所へ移動して実際に塗布をする
   ※上記動画では実際の塗布はせず基準ブロックの角の部分に捨て打ち動作するように設定しています。
Step4. 捨て打ち箇所へカメラが移動
Step5. カメラに写ってる点塗布の中心に十字カーソルを合わせて、位置をロボットに覚えさせる。
   ※上記動画では基準ブロックの角に、点塗布の中心があるとして登録しています。


コメント

RSS feed for comments on this post.

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

ごめんなさい、現在コメントを付けることは出来ません

13 queries. 0.007 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

Copyright © 2008 HANETEC CO., LTD